2006年07月10日

イアン・ダンバー博士の東京セミナー

今日は判る人がわかればよい話
(誰に向かって書いているとかは聞かないでね)


約半年ぶりにイアン・ダンバー博士のセミナーに行ってきた。
ダンバー博士のトレーニング理論はかなり進化していたように思う。
そして、博士の着眼点に敬服。

通常、コマンドは1度で従うようにトレーニングを行う。
1度で従わなければ、私の場合、二度目は強く厳しくコマンドしそれはP+に作用する。
R+中心のトレーニングで、この部分がいつも引っかかっていた所だ。
その為、二度で従わない場合、プロンプトで(視符を使用する等)
その動作を行うよう促していた。
その方法が間違っているわけではないとは思うが、何度もコマンドする事は
きちんとコマンドを理解しているはずの犬には行わずに来た。
また、罰を与えた後に優しくプロンプトによって従わせるのにも
矛盾を少々感じていた。

私がいままで勘違いしていた部分は下記のとおり


セミナー受講前

何度となく続けてコマンドする事は、犬は「何度目かに従えばいいや」
と学習してしまうのでよくない。

R-のトレーニング方法は、犬に与えるストレスが大きい為、
なるべくなら使用すべきではない。


セミナー受講後

R-の効果を得る為には長時間のP+が必要。
長時間のP+とは、「コマンドを言いつづける」ことも相当する。(コマンドの仕方にも注意)
なぜなら、従ったときにそのP+(発しつづけられているコマンド)はSTOPするのだから
R-として犬は学習する


考えてみたら使っている場面は多々あった。
たとえば、咥えて放さない物を放させる為の「OFF」が良い例だ。
この場合、犬が自然に口を開けるまでコマンドし続けていた。
無理やり奪う事はせず、コマンドし続け、放したらまた返してやったり報酬を与える。
しかしこれがR-に作用していると応用が利かずにいた。

P-も犬に与えるストレスは大きいものである。
それよりもブリッジ(と言う表現は博士はされていなかったが)を使用して、
犬に早く学習させた方が良い。





今回のセミナーで大きく変わったと思ったのがダンバー博士がブリッジを使用していた事だ。

私がブリッジを取り入れるようになったきっかけのサイト

    Syn Alia Training Systems

JAHA系のトレーナーはNRMを好んで使用するが、
ブリッジを使う人には、私はあまりお目にかかったことがない。
自分で試行錯誤してきたトレーニング方法にブリッジを取り入れたのは昨年10月。
効果は絶大だ。その効果を受講者に実感させる為、
プレイバウのサークルで行っている「犬の身になってみろゲーム」
よく似たものが取り入れられていた。
自分がやってきたことが間違いではなかったとの確認と自信に繋がった。

東京セミナーは水曜まで行われる。
私が申し込んだのは火曜まで。全て申し込んでおけばよかったと後悔の嵐である。
それだけ、得るものが大きい、毎年恒例の私自身の訓練方法のチェックポイントだ。

ニックネーム ちはりん at 04:35| Comment(1) | TrackBack(0) | ママの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする