2005年11月23日

諦めたら、そこで終わり。

ヤフーでブログを開設していた頃からの常連さんで
すずきさんという、ごく一般の飼い主さんがいる。
昨夜、久し振りにすずきさんのブログを見に行って涙がこぼれた。

彼と知り合ったのは今年の7月くらいだっただろうか。
昨夜、記事を読むまで、愛犬はチワワのピース君1頭だと思っていた。
自分なりに試行錯誤しながらピース君をトレーニングする日々の日記は
とても微笑ましく、また、目覚ましい進歩がみられた。
そんなすずきさんに、もう1頭、ばあちゃんの世話する犬がいたのだ。

私はとてもレスキューに関心がある。
世の中には可哀想な犬が沢山、溢れかえっている。
しかし、どの里親団体も、【命を助ける事が最優先】だ。
当り前と言われれば当り前だし、それで助かる命が一つでも増えるなら仕方のない事かもしれない。
虐待にあって来た子、飼育放棄された子、放浪していた子、
トラウマを抱えた彼らは、犬としての喜びや幸せ、楽しみを知らずにいる。
また、レスキュー団体も、1頭1頭の脱感作までは、とてもじゃないが手が回らないのだろう。
(脱感作は一番根気と時間のかかるトレーニングだからだ。)

でも、本当のレスキューって何???

犬には感情がある。喜怒哀楽がある。
都合の悪い時(排泄の失敗や破壊行動、威嚇や攻撃行動など)には犬を擬人化し、
「あてつけ」だの「わがまま」だのという人間の行動を当てはめるのに
ただ食事をし、ただ吠えるだけの犬をヒトになぞって考えてみようとしないのは何故だろう。
もしもこれが人間の我が子だったら、「何か興味の湧くものはないかしら。この子の良い所はどこかしら。
何が不満なのかしら。」ときっと思考をめぐらせて親身になって考えるであろうに、
それをせず、恍惚の犬を作ってしまい、「うるさい」と寒空に出し、「噛み付いた」と言って殴り、
「可愛げのない犬だ」と飼育放棄をする。

私はそうなってしまった犬を1頭でも救いたい。
手放そうと思っている人に「ちょっと待って」と言いたい。
手放されてしまった可哀想な犬に、世の中はこんなに楽しい事が沢山あるよ!と教えたい。
そして、新しい里親さんに渡す前に、一つでも多く怖い物をなくし、
ヒトとのコミュニケーションの仕方を教えてあげたいと思う。

もし、うちの犬は可愛げがないとか、もう成犬だから無理とか思っている方がいたら
どうか、すずきさんの家で7年もの間お散歩が出来ないと思い込まれていたクロの話を読んで下さい。

新すずきさんのブログのkuro!はこちらから⇒クリック!

ニックネーム ちはりん at 03:54| Comment(16) | TrackBack(5) | ママの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ただ食事をし、ただ吠えるだけの犬をヒトになぞって考えてみようとしないのは何故だろう。
もしもこれが人間の我が子だったら、「何か興味の湧くものはないかしら。この子の良い所はどこかしら。

本当にそうですね。私も最初は犬として見ていました。だって、今まで犬を飼ったことがなかったし、それまで飼っていた生き物は人間の愛情をほとんど必要としない半野生動物ばかりでしたから。(アイガモ、魚)
だから、ブログでの最初のハンドルネームは「るる(飼い主)」でした。(笑)
今では子供と犬の両方を育てるようになり、共通点が多くあることに気づき、ネームも「るるパパ」「るるママ」に変わりました。
そうしたら、しつけの考え方も楽になりました。あせらず楽しくできるようになりました。子供へも前より少し優しく接するようになりました。
これからも、楽しい犬ライフを送っていきたいと思います。
Posted by るるパパ at 2005年11月23日 07:03
ちはりん様 こんにちは。
タイトル、秀逸ですね。私は黒い流星 エルの中でコーチの言葉として、
「世の中で一番簡単なことはあきらめることです。そしてそれ以上にむずかしい事は何一つ出来なくなります。」

と書きましたが、なんだか共感していただけたみたいで嬉しいです。
この前、東京マラソンで高橋尚子さんが、時間は皆に平等に与えられている
とおっしゃられたのを聞いて、身が引き締まる思いでした。ワンコの一生は
残念ながらヒトより短いです。だからこそ濃い時間を過ごしたいと思いました。
Posted by ペシミ at 2005年11月23日 11:23
ちはりん様
とても素敵なことを教えて下さってありがとうございます!
すずきさんのブログで見たくろちゃんがミリーにそっくりでとてもびっくりしました。
これからも色々教えて下さい。
Posted by めぐろのいぬやしき at 2005年11月23日 21:05
ウチのカウンターぶっ壊れたのかと思いましたよ(笑)

風が吹けば桶屋が儲かる的理論では、
クロを救ったのはちはりんさんのブログです。
(もちろん沢山のブロガー達のおかげでもありますが)

あえて礼は言いませんが、成長した姿をブログ上で報告する事が
最大の恩返しだと思っております。
Posted by すずき at 2005年11月23日 23:46
なにをやるにも遅いって事はないんだと教えられたすずきさんのブログでした^v^ちはりんさんのいうように、ただ命を救うだけではなく、今まで経験したことのない楽しさ、人との関わり、何より毎日生きることの楽しさを教えてあげたいですね。日々成長で頑張ります☆
パンコも首輪でスムーズに歩けるようになったので今散歩で会う犬に吠える(遊ぼう遊ぼうって吠えるんです)のをやめるよう特訓中です。
Posted by 茶樹パンコママ at 2005年11月24日 11:14
決して諦めないこと。そして、諦める必要が無いこと。
これは、WANのトレーニングだけじゃなくて、人生にも言えることだわ!
なんだか、素敵な仲間に囲まれているみたいで嬉しいな♪
私も精進精進!!
Posted by ま〜ぴ〜 at 2005年11月24日 12:06
生きてる限り遅すぎることはない。
わたしもそう思います。
一番辛いのは虹の橋を渡ってしまってから
『ああすれば良かった・・こうしてあげられたんじゃないか・・』
と後悔することですよね。
私は実際今まで友と永遠の別れを告げてから後悔することが多かったので...。
笑顔を知らない犬だって時間をかければ笑顔を見せてくれる。
自信のないシャイな犬だってシャイを克服する環境を整えていき、お座りでも何でもいい・・
自信を持てるような作業から嬉しい!楽しい!もっとやりたい!という意欲を引き出して
いければ外でビクビク怯えることも少しずつ減らしていけるはずです。
躾や病気、コミュニケーション・・・くじけそうになることって誰にでもあると思います。
でも諦めた瞬間、可能性はゼロになってしまうんですよね。
犬に限らず自分もすぐには諦めない人間でいたいなぁ〜と改めて思いました。
そうそう!ちはりんさん。リンクしてもいいでしょうか?

Posted by ピータン at 2005年11月24日 20:22
「諦めたらそこで終わり!」
すごくいい言葉ですね。
わたしもこの言葉教訓にしたいと思います^0^
華ちゃんの脱感作・・・男のヒト恐怖症・お外嫌い(ちゃんと歩けますが、びくついてます。でも最近ちょっとづつ改善ありです^0^)・・・頑張らねば!!^0^
諦めないわ!!^0^
Posted by 華ママ at 2005年11月25日 00:27
★るるパパ様★

犬の行動を擬人化して【悪癖】と決め付けるのはおかしな話。
擬人化したがために、犬の本来の習性を無視してはいけない。
でも、擬人化して見て欲しい部分も多々ありますよね。
学習するし、協調するし、感情があるんですもの。
愛情をかけて育てるってそういう事ですよね。家族ですものね。
Posted by ちはりん at 2005年11月25日 05:29
★ペシミ様★

高橋尚子さん、私も感動しました。
正直、我が家の綺羅は、この子は多頭飼いに向かないとか、
無理やり訓練を入れる必要はないと思ったことは多々あるんです。
でも、牛歩の歩みでも諦めずに続けてきて、今の彼女は「自分のペース」をつかみ
いろいろな事を楽しめる子になりました。
飼育放棄・虐待などにあった可哀想な子は精神的トラウマを多く抱えています。
そういう子でも、時間と愛情さえかけてやれば「今日より明日」があるんですよね。
人の勝手でそうしてしまった子、1頭でも多く救いたいですねぇ・・。
Posted by ちはりん at 2005年11月25日 05:33
★めぐろのいぬやしき様★

ご来訪&コメントありがとうございます。本当にミリーちゃんに似ていますね!
いつも保護活動ご苦労様です。お手伝いできる事があったら言ってくださいね。
今は昔と違って肯定(陽性)強化訓練や脱感作など、犬に負担をかけない方法が沢山あります。
保護主様や預かりさんがそういう知識や技量を持っていれば鬼に金棒だと思いますよ♪
Posted by ちはりん at 2005年11月25日 05:34
★すずきさん★

すみません!!!記事にさせていただきました事後承諾の(事後かい!)メール、
送信したつもりが保存フォルダに・・・・(笑ってごまかすちはりんさん・・・(T▽T)アハハ!)
クロを救ったのはどんな方式でもすずきさんですよ!本当に感動しました♪
暖かくなったら一緒に遊ばせよう!
Posted by ちはりん at 2005年11月25日 05:37
★茶樹パンコママ★

パンコちゃん、友好的なのね♪歩けなかったのに、遊びに誘うようになるなんて
そちらも大進歩ですね!!!
あとは誘い方が違うって茶樹パンコママが教えるだけね。それが大変だけど(汗)
飴も他のワンとも新しい場所も楽しく遊べるようになりましたよ〜
呼び戻しもとても良いし、私の帰宅時に座って待つ事も出来るようになって
とっても優秀です♪若い人間(笑)には、まだたまに吠えちゃうけどね^^;
Posted by ちはりん at 2005年11月25日 05:46
★ま〜ぴ〜様★

今日は精進偏りすぎで反省なのよ・・私。
たまに息抜きも必要だけど抜きすぎはダメよね。
そして何より、健康である事、、自己管理!!!
・・・・・早く寝ろって言われそう・・・(汗)
Posted by ちはりん at 2005年11月25日 05:49
★ピータン様★

私、実は後悔しまくり人間なんですよ。
先々代のモコや先代のダン・・・・。もっともっとしてやれる事があった。
でも彼らがいたから、彼らが教えてくれたから今の私がある。
そして今の子達もたくさんの事、伝えよう、教えようとしてくれています。
リンク、ありがとうございます♪こちらもさせてください!
Posted by ちはりん at 2005年11月25日 05:58
★華ママ★

うちの飴は加齢臭がない人間が恐い(笑)オジサン、オバサンは大好きです。
華ママは微妙なラインかも・・・・。(^ー^* )フフ♪
息子を初めとして息子の友達にとっかえひっかえ脱感作頼んでる。
アメリカのASPCOの里親募集かけられるかどうかの犬のテストはトレーナーが変装したりもするのよ。
付け髭とヘアトニックで華ママが変装するという究極の手段も残っているわ!(笑)
Posted by ちはりん at 2005年11月25日 06:05
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/123271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

トレーニング 4回目
Excerpt: 11/22 は ぐーとボスの学校の日でした。 前回(11/9・12の日記)で課題となった 遊びのトレーニング、  私も一緒に動きながら、パターン化しないよう・・次にボスはどうでるのか、グレイがワク..
Weblog: ぐーちゃんとボスがいく・・そしてさっちゃん
Tracked: 2005-11-23 23:14

ビビリの犬とのくらし方 その4
Excerpt: 長々と引用が続いていますが・・・ テキストを配られていると思って我慢して読んでおいてください。 今書いていることは、子犬にとって最良な環境での成長です。 犬の行動学 エーベルハルト・トルムラーより ..
Weblog: アキレス君の家族探し
Tracked: 2005-11-24 04:34

思いこみ
Excerpt: 人なら誰しも「XXにちがいない」と思いこんでいる事柄というのがある。管理人の友人は♪京都大原三千院♪の歌詞をずっと「三千人」だと思いこんでいた。大原のような寂れた山の中に三千人もの人がいたらさぞやにぎ..
Weblog: 犬猫屋敷の管理人日記
Tracked: 2005-11-25 02:16

kuro!
Excerpt: 実はウチにはもう1匹イヌがいる。 名前は「クロ」ストレートなネーミングです。 MIX犬 メス 年齢推定8歳 ウチに来たのは7年前。 姪っこ(オレの姉の娘)が中学校に居た迷い犬(当時すでに成犬)を..
Weblog: 新すずきさんのぶろぐ!
Tracked: 2005-11-26 00:45

お勉強しましょ!~その4~ご褒美と褒めるの関係
Excerpt: ちかごろのしつけ本の主流は「褒めてしつける」肯定強化(陽性強化)に関するものだ。そのほとんどが、食べ物を褒美に使うと良いと書いている。ところが、なぜ食べ物を褒美として使うのが有効かという理由についてき..
Weblog: 犬猫屋敷の管理人日記
Tracked: 2006-01-10 01:32