2006年01月06日

預かり母デビューです。

このブログを通して散々、犬との接し方や里親会のあり方について書いてきましたが
実際、わたくし、何もしておりませんでした。

昨年末、「来年はこのままじゃいけない・・。」と一大決心。
先日の記事の通り、1階の娘が嫁に行って空いた部屋をリフォームし
千葉ワン様のボランティアのお手伝いを始める事に致しました。

そして、初の預かり犬ジャック(仮名)が我が家に12月29日にやって来ました。
新しく、ジャック専用の預かり日記のブログを立ち上げましたので
お暇な時にでも、お立ち寄りくだされば幸いです。


☆4パピママの預かり日記☆ (画像をクリックしてください)

jack_b.gif


ニックネーム ちはりん at 04:24| Comment(7) | TrackBack(4) | ママの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

長期放置の理由

先月は随分とまた、放置してしまいました。
ただ放置していたわけではないのですよ〜。
実は娘が嫁に行って空いた1階の和室を洋室に、年の瀬の忙しい時期に
息子と二人(正確には息子の先輩と3人)でリフォームいたしておりました。
業者に頼めって??ちはりんさん、そんなに裕福じゃぁございませんのよ・・・。
本当に本格的にやりましたので、ちょっと紹介してみようかな・・なんて
興味のある方はご覧になってくださいね♪
(画像21枚の大作なので超重いです・・汗)




リフォーム絵日記を見てみる
ニックネーム ちはりん at 22:57| Comment(14) | TrackBack(0) | ママの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

あけましておめでとうございます♪

  001.gif

34.jpg

         0002.gif


ニックネーム ちはりん at 02:37| Comment(22) | TrackBack(4) | ママの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

ペットショップの日

12月1日の記事でいくつかのコメントを戴きましたが
嫌われるのを承知で少し本日のお題に入る前に前書きさせてください。
記事をアップする際に、「きっと安楽死の部分だけに目が行くだろうな」とは思っていました。
日本の文化・慣習から安楽死の是非はこれからも議論され続ける事柄でしょう。
でも、私はそんな事が伝えたくて西村さんに掲載許可を貰ったわけではない。
アメリカは訴訟国家です。ですから、訴訟の対象にならないよう万全の体制で何事も行います。
実際、安楽死については「やりすぎ」の感もある。
ただ、そういう国家だからこそ生まれている責任の重さという所に目を向けてください。
良い部分に目を向けて頂きたい。
日本で現時点でアメリカ同様のスクリーニング用プロトコルの導入など、無理に決まっている。
文化も慣習も違うのだから。でも、日本独自のスクリーニング用プロトコルは作れるはず。
シェルターという様に西村さんの言葉をそのまま引用しましたが、
日本の動物愛護センターや保健所と照らし合わせて考えて頂きたかった。
現状として、そういう所から里親ボランティア団体はレスキューを行っているわけだし、
動物愛護センターや保健所にだって、低レベルではあるがスクリーニング用プロトコルは存在する。
そこから救えなかった子の行く末は?アメリカと同じでしょう?
だからこそ、今、里親ボランティア団体がすべき事が見えてくるはずです。
救うべき子を救えず、救った子を救いきれず・・という事があってはならないと思います。
それには学ぶべき事が山程あるんです。
受け入れられる、受け入れられないなど関係ない。
今、自分に何が出来るか、何をすべきか、今一度考えてください。
一人一人が動かなかったら何も始まらない。

さて、辛辣な文章はこのくらいにして、セミナーのお話に戻しますね。
細かい部分の指導内容は私なりに消化し、日本の飼い主様や犬に合ったものを試行錯誤し
私の言葉で今後語らせて頂くとして、イアン・ダンバー博士が提唱なさった「ペットショップの日」
というものについて今日は皆様にお願いとともに伝えさせて頂きたいと思います。

ペットショップの日とはなんぞや??
ニックネーム ちはりん at 16:49| Comment(26) | TrackBack(0) | ママの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

収穫が沢山あったセミナー

今日はイアン・ダンバー博士のペットドッグ・トレーニングセミナーに行ってきました。
2日間に分けられた今回のセミナー、
今日は「家庭でのトレーニング及び行動カウンセリング、成犬のしつけ教室での教え方」
明日は「子イヌのしつけ教室での教え方」です。
イアン・ダンバー博士の講義内容はDVDも発売されるでしょうし、推奨サイトがありますので
ここで、あれもこれも公表するのは憚れますので、ご質問のある方はメールでも頂くとして^^;

イアン・ダンバー博士の講義終了後の、去年の奨学生の
(Red Herat-SIRIUS 奨学生制度という物があります)西村麻美さんの
2005年APDTカンファレンス体験レポートはとても感銘を受けました。
その中でも、このブログの常連様に読んで頂きたい事柄が
【印象に残ったエピソード】として発表されましたのでご本人の許可を頂き、
以下、掲載させて頂きます。

【印象に残ったエピソード】を読んでみる
ニックネーム ちはりん at 22:18| Comment(14) | TrackBack(3) | ママの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする